何かに挑戦したのはいいが失敗してしまい、「やらなければ良かった」と後悔してしまう その二

何かに挑戦したのはいいが失敗してしまい、「やらなければ良かった」と後悔してしまいます。

どうしたら、後悔しなくなるのでしょうか。

成功しても、後悔してしまう?

後悔は選択した行動が期待と異なる時に起こります。

言い換えると、後悔は、選択した行動の結果が「期待外れに終わった」際に起こります。

なので、失敗することを期待してしまうと、後悔してしまうことになります。

では、挑戦しなけれは、後悔しないのでしょうか?

やらなかった後悔は増大していく

行動をするかしないかを迫られた時に、「やる後悔」よりも、「やらなかった後悔」の方が大きいことが分かっています。

私も大人になってから、「もっと勉強しておけばよかった」と後悔しています。

では、どんな人が後悔するのでしょうか?

悲観的な人は後悔が増える

悲観的な人は「失敗するかもしれない」と考え、なかなか行動することができません。

なので、「何かに挑戦した」ってことは、悲観的な人ではない気がします。

ちょっと待って! 後悔することは、悪いことなの?

「何かに挑戦した」ことは、良いことですね。

挑戦したから、後悔した。「やらなければ良かった」 これは、悪いことのような気がします。

後悔する気持ちは「なりたい自分」を教えてくれる

後悔する気持ちは「なりたい自分」になれない時に起こります。

自分の失敗や間違いを繰り返さないヒントにもなるのです。

後悔すると「次は失敗しないようにしよう」と強く感じます。

そのため、次にチャレンジする時に向けて、同じ失敗や間違いをしないように自分のスキルを伸ばしたり、必要な支援を求めたりすることができます。

後悔から反省へ切り替えていこう

「後悔」の類語に「反省」という言葉があります。

後悔は行動した後に「悔いる」ことを指しますが、反省は行動した後に「省みる」、つまり「ふりかえってよく考える」ことを指します。

何かに挑戦したのはいいが失敗してしまい、「どうして失敗したのか」と反省してみた。

前向きになった気がしますね。

 戻る 後悔してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする