出世コースから外れた、40代後半の会社員が、「やった方がいいこと」

 会社員としてのキャリアも20年を超え、ベテランの域になり、スポーツ選手なら引退しているころですが、

 定年まで働くことを考えると、中間地点になっただけです。

 ほとんどの人が、思い描いたキャリアとは、離れた位置にいることでしょう。

 なぜなら、会社で出世できるのは、100人にひとりくらいでしょうか。

 出世コースから外れた、40代後半の会社員が、「やってはいけないこと」は、単純です。

「働かないおじさん」にならないことです。

  40代会社員がやっていけないこと 

 一方で、出世コースから外れた、40代後半の会社員が、「やった方がいいこと」は、たくさんありますので、いくつか挙げてみました。

出世コースから外れた、40代後半の会社員が、「やった方がいいこと」

「会社や組織に依存する考え」を捨てる

 ・「会社に使われている」考えから、「会社を使う」という考えに変える。

「自分だけは大丈夫」という考えは捨てる

 ・直属の上司には、会社全体の意思決定権はありません。

自分の考え方の癖を知る

 ・いつも自分の思考と感情を観察するようにする。

目指す人生の成果を決める

 ・「あの人の様にならない」考えから、「あの人の様になりたい」という目標に変える。

自分の人生は、自分でコントロールすると決意する

 ・「利害関係のない人」に聞いてみる。

職場の人や家族には相談できないことを、相談する相手を見つける

 ・人生経験が豊富な人。 メンタルやマインドセットの相談が出来る。

いつかは会社を離れる時が来ると悟る

 ・定年後、会社を離れてからどうするか? 準備をすぐに始める。

「学び直し」をしても、情報メタボにはならない

 ・ダイエットのやり方は知っていても、実践しないと痩せないのと同じです。

 まだ、やった方がいいことはありますが、ゆっくりやっていきましょう。

「働かないおじさん」にならなければ、時間はあると思いますので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする