成長するより先に、幸せになる話

 ある湖のほとりに、1人の漁師が住んでいました。

 その漁師は、午前中は魚を捕り、午後はギターを弾いたり歌ったり、昼寝をしたりと、

のんびり暮らしていたのですが、

 そこへ都会から来た人たちが言いました。

 「どうしてもっと大きな船を作らないのか? どうしてもっと大きな網を作らないのか? 

それらがあれば、もっとたくさんの魚を捕れるのに」

 不思議に思った漁師は、聞きました。

 「そんなことして、何になるんだ?」

 都会の人たちは、得意げに答えました。

 「たくさん魚が捕れれば、たくさんお金が儲かる。

そのお金で悠々自適な暮らしができるじゃないか」

 また不思議に思った漁師は聞きました。

 「悠々自適な暮らしって、どんなものだ?」

 すると都会人たちは、答えました。

 「それは、ギターを弾いたり、歌を歌ったり、昼寝をしたりなどなど、

のんびりした暮らしに決まっているだろう」

 それを聞いた漁師は、言いました。

 「それなら、今の俺の暮らしだ」

  戻る がんばらない成長論

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする