他人の心理学 ~ 小さなことが気になってしまう

外出先で、「家の鍵をかけたかな」と気になってしまうことはないでしょうか

誰しも、意識せずに行った行為について、あとから心配になることはあります。

ところが、何度となく確認を繰り返して外出が遅れたり、外出できなくなったりしたら、それは「強迫性障害」かもしれません。

強迫性障害の典型例

強迫性障害は、不安が心の中に繰り返し浮かび、それを打ち消すために何らかの行為を行うという不安障害です。

1、加害に対する不安

 他者を傷つけてしまうのではないかという過剰な不安。 ホームで人を誤って突き落としてしまうのではないかと感じたりする。

2、不潔に対する不安

 汚染に対する不安から、過剰に洗浄を繰り返す。 外出先から戻ると、すぐにシャワーを浴び、衣服を全部着替えないと気がすまない人など。

3、回避

 強迫的な状況を引き起こす行動を避けるようになる。 鍵をかけたかどうかが不安になる人は引きこもりがちになる。

4、正確さ、従順への要求

 モノの位置が必ず左右対称で、まっすぐに並んでないと気がすまないなど、モノの配置などにこだわる。

  戻る他人の心理学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする