マチネの終わりに 平野啓一郎

 天才クラシックギタリスト、蒔野聡史と、国際ジャーナリスト、小峰洋子。四十代という「人生の暗い森」を前に出会った二人の切なすぎる恋行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死などのテーマが重層的に描かれる。

目次

 序

 第1章 出会いの長い夜

 第2章 静寂と喧噪

 第3章 「ヴェニスに死す」症候群

 第4章 再会

 第5章 洋子の決断

 第6章 消失点

 第7章 愛という曲芸

 第8章 真相

 第9章 マチネの終わりに

「感想」

 四十代という「人生の暗い森」。 二人が出会った当時、「人生の道半ばにして正道を踏み外し」つつある四十歳という年齢。 たった三度会っただけの人が、誰よりも深く愛した人だった。 異なる年齢に出会っていれば、また違う人生になったのだろうか。

  マチネの終わりに(文庫版) (コルク)

  メモした言葉 マチネの終わりにより 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする