他人の心理学 ~ セルフ・ハンディキャッピングとは

セルフ・ハンディキャッピングとは、自分自身にハンディキャップをつけること。 自我を防衛するための反応です。 

1、不利な状況を作り出す

  • 出来そうもない難しいことを引き受ける
  • 厳しい条件を受け入れる
  • 不可能な目標を設定する

2、自分の心の問題をあえて口にする

  • 任務を遂行できる自信がない
  • 体調が悪い
  • やる気が出ない

3、環境のせいにする

  • 任務が困難すぎる
  • スケジュールが厳しすぎる
  • 報酬が少なすぎる
  • 自分への評価が低すぎる

4、自分の心の中に閉じこもる

  • お酒の力を借りる
  • 薬物に手を出す
  • 努力を怠る
  • 任務を忘れたふりをする

  戻る他人の心理学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする