他人の心理学 ~ お世辞ばかり言う

お世辞を言うのはなぜでしょう

相手に、褒められれば悪い気はしません。 褒めてくれた相手を好ましく思うのは自然な反応です。

しかし、褒め言葉が、ただの「ヨイショ」だったら、どうでしょうか

迎合行動のパターンと組み合わせ

迎合行動にはいくつかのパターンがあり、複数のパターンの組み合わせが見られます。

1、賛辞

 お世辞を言って、相手をいい気分にさせるのは、最もポピュラーな迎合行動だ。 ただし、明らかに嘘と解かる様なお世辞は逆効果になる。

2、卑下

 賛辞の逆で、自分を卑下することで、相手を持ち上げるというやり方。 自己評価が低い場合にも、自分を卑下する行為が見られる。

3、親切

 相手の行動に注意し、何かと気を配る。

4、同意

 相手の意見に「その通りです」と同調する。 同調行動は、仲間意識を生み出すが、何度も繰り返すと、「自分の意見がない人」と思われる。

  戻る他人の心理学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする