他人の心理学 ~ コミュニケーションが苦手な若者

日本人は、程度の差こそあれ、誰しも対人恐怖心性を秘めてます。

特に若者は関心が自分自身に向いているため、自分の行動と周囲の関係に目が行きやすいです。

非言語的コミュニケーションの種類

 ナップは、非言語的コミュニケーションを以下の7つに分類しています。 それぞれ無意識的に発せられることが多く、より本音を表しているといえます。

1、身体動作

  • 表情
  • 身振り手振り(ジェスチャー)
  • 視線
  • 姿勢

2、身体特徴

  • 容姿(体型や服装)
  • 体臭
  • 髪の毛
  • 皮膚の色

3、接触行動

  • 触れるか否か、どのように触れるか(スキンシップ)

4、近言語

  • 声の高低
  • 声のリズム
  • 話すスピード
  • 表情(泣く、笑う)

5、プロクセミックス

  • 対人距離
  • 着席行動

6、人工物の使用

  • 化粧
  • 服装
  • アクセサリー

7、環境

  • 温度
  • 照明
  • インテリア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする