孫子の兵法より

1,どうやって自分の望む人生を手に入れるか。情報を集めてよくよく準備し、よくよく考え抜いて、子細かつリアルな計画を立てなさい。

2,理想の上司は、しっかりした戦略を持ち、一番になれるだけの運と実力を有する人物である。そういう人の下で力を尽くすのがよい。

3,相手と自分、双方の能力を客観的に、正確に評価できれば、戦略の精度が高まる。とりわけ自分自身の能力評価は厳しくすることが望ましい。

4,競い合いや争いごとでは、冷静さを欠いたほうが負ける。自分自身を常に冷静に保つことが勝ちを呼び込むのだ。

5,ものは勢いだ。堰き止められた水が、やがて岩をも押し流す勢いを持つように、力を最大限に溜めて、ここぞの時に勢いよく力を発揮するのがよい。

6,最初は形から入るが、いつまでも形を追っているようでは進歩がない。形を身につけたら見せないで、自由自在を心がけなさい。

7,人を完膚なきまでにやっつけると、いつか手ひどいしっぺ返しを食らう。追い詰めるにしても、どこかに逃げ道を用意してやることが必要だ。

8,寒さで体温が奪われるようなところを避け、暖かいところで養生をしなさい。心身が健康であることが、より良い人生を生きる基本なのだ。

9,クリアすべき課題の難易度と自分の実力と置かれている状況、この三つを常に見ていれば、迷いなく勝負に挑めるし、対応に窮することはない。

10,攻撃に対しては、しなやかに受け流しながら、即座に反撃に出ることだ。それが「したたかに生きる」ということである。

11,成功の最大の秘訣は「先知」、誰よりも早く情報を入手することにある。その情報は必ず「人」から取りなさい。

  戻る孫子の兵法 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする