ディーン・ケーメン

「これまでも大勢の若者が、私から成功の秘訣を聞きにきたよ」

本当にビックなことをやりたいなら、思ったより時間も費用もかかる。

失敗だらけで傷ついて、恥をかくことになるし、イライラだって募る。

それは覚悟するしかない。

その覚悟があるのなら、ひたすらぬかるみえお歩んでいけばいい。

「大事なコツを紹介しよう」

まず、だらだらと失敗を重ねるよりは、それが不可能であることを証明した方がいい。

いろいろ試してうまくいかないときは、一歩さがって自分のしていることが不可能かどうかを自問する。

熱力学の法則、ニュートン物理学、その他の基本原理に照らして矛盾したことをしていないかと。

時間を浪費しているのに気づくのは重要なことだ。

解決できない問題だと納得できたら、自分を臆病者と思わずに撤退すればいい。

「カエルにキスし続けたのに」

同じような結果しか出ないなら、どこかでこう考えた方がいい。

「運には頼らない。宝くじなんて買わない」とね。

私はいつも「粘り強さは大事だ」とか「臆病者になるな」と言っているが、

やみくもに頑張るのは単なるバカだ。

「2つ目のコツは」

すべてのカエルにキスしようとするなってことだ。

カエルが何十億匹といたって、その種類が10種類だけってこともあるだろう?

まず何種類のカエルがいるか突き止めるんだ。

そして、それぞれの種類から1匹だけとってキスすればいい。

問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。

  戻るサードドア 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする