シュガー・レイ・レナード ~ アメリカのボクシング元世界チャンピオン

「今まで散々言われたんだろ、『ありえない』とか。」

不可能な夢だなんて言わせておくな。

ビジョンがあるなら、それを掲げろ。

戦い抜くんだ。

もちろんしんどい戦いになるさ。

『無理だ』って言われることもあるだろう。

でも貫き通せ。 

戦い続けろよ。 

「秘めた力」を使うんだ。 

簡単じゃないが、出来るはずだ」

シュガー・レイの第一歩

父親は海軍でボクシングをやっていたので、レイも7歳のときにやってみることにした。

リングに上がったら、数秒足らずで顔面を殴られ、鼻血があふれ出し、負けてリングを降りた。

6年後、兄からもう1度ボクシングをやってみないかと促された。

レイはジムに戻るが、またもやノックアウトを食らってしまう。

だが、今回は続けようと決めた。

彼は年下で、他の子たちより背が低く体も細くて、経験も浅かったので、

何か自分なりの強みが必要だと悟った。

「俺には経験がなかった」

「だが勇気と克子心と欲があった」

チャンピオンベルト

プロになって5年目、トマス・ザ・ヒットマン・ハーンズと王者統一戦で対戦した。

開始のゴングが鳴り、ヒットマンの長いリーチのジャブがシュガー・レイの左目に入った。

レイは、中盤で持ち直したものの、12ラウンドに入ってもスコアでは負けていた。

彼が勝つには、ヒットマンの右のストライクゾーンに入るしかない。

レイのトレーナーがアドバイスをした

「お前の勇気はどこへ行った。戦って、戦って、戦い続けるんだ。

心の中で『もうどうでもいい、負けたっていい』って言ってるぞ。

頭と気持ちがバラバラだ。

一つにしろ。

すべてをつなげろ。

すべてを一つにして登りつめるんだ、頂上に」

13ラウンド、レイは25発のパンチを連続で繰り出し、ヒットマンはロープにもたれ、床に伏した。

14ラウンド開始から1分たらずで、ヒットマンはロープにもたれた。

レフリーが試合を中断させ、レイは本物の世界チャンピオンになった。

  戻るサードドア 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする