「ヤマアラシのジレンマ」の寓話

ヤマアラシ・ジレンマ

 冬の寒い日にヤマアラシたちが暖を求めて集まったが、

近づくとお互いのトゲが刺さるため離れて過ごさざるをえなかった。

 再び寒さの厳しくなると、ヤマアラシたちは再び集まったが、

やはりトゲが刺さるので離れて過ごさないといけなかった。

 同じことを繰り返すうちに、

お互いに近づき過ぎず、とげが刺さらない距離を保つことが、

一番良いことを発見した。

①「原因」  

 ヤマアラシのジレンマに陥る一番の原因は「思い込み」です。

②「解決策」

 ヤマアラシのジレンマを解決するには、まず、自分の気持ちや考え方にじっくり目を向けることが大切です。

時に衝突しながらも、コミュニケーションを図ろうとする意識が大切

  戻る パラドックス

  戻る他人の心理学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする