「囚人のジレンマ」の寓話

罪を共同で犯した2人が逮捕されて、

 刑務所に拘留されました。

警察は証拠が十分になかったので、

 取引することをこの2人に持ちかけました。

別室に2人は拘留されていたため、

 相談がお互いにできませんでした。

それぞれに警察から示された取引は、次のような内容でした。

「取引内容」

・自白しないと2人とも1年の禁固刑になる

・自白が1人だけであれば、すぐに自白した人は釈放されるが、

 10年の禁固刑に他の1人はなる

・自白を2人ともすれば5年の禁固刑に2人ともなる

「自白すべきか」「黙秘すべきか」

2人の囚人は、このような提案に対して「自白すべきか」「黙秘すべきか」ということで悩みました。

合理的なのは2人とも自白しないで1年の拘留を選択することです。

相談ができないと相手の対応がわからないので、

先に相手が自白することを考えると禁固10年に自分のみがなるため、

2人とも最終的に自白するようになりました。

 戻る パラドックス

 戻るシンク・クリアリー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする