パラドックスとは ~ 「逆説」「ジレンマ」「背反」「矛盾」

パラドックスとは

パラドックスとは、世間一般的には正しいと認識されているものごとに対し

「反対の主張、反対である状況や事態、また反対の概念」

つまり「定説にさからうもの」を指す言葉でもあります。

細かく言えば「矛盾」よりは意味の幅が広く

「見かけの上で判断する真偽が、実際の真偽と反対であること」となります。

正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、意図に反した結果が得られることです。

「ヤマアラシのジレンマ」の寓話  

他人との一体感を求める欲求と、適度な距離を保って自立していたいという欲求による葛藤 

 ヤマアラシのジレンマ

「囚人のジレンマ」の寓話 

個人の最適化を図ろうとした選択が、結果として全体の最適選択とはならない(ゲーム理論) 

 囚人のジレンマ

動物学校の寓話 

学校という閉じた世界では、その評価基準に自分が合わないと「自分が間違っている」と思い込んでしまう 

 動物学校の寓話

サソリとカエルの寓話 

「わかっちゃいるけど、やめられない」人の行動 

 サソリとカエルの寓話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする