ラジオのジェットストリームで紹介していた「魔法の粉」 ~ リーヒンパウダー

ハワイではメジャーなリーヒンパウダー、「ピンク色」の粉だが、水分に触れると「真っ赤」になる。

食べる際には、舌が真っ赤になるを覚悟しないといけない!

ハワイでは お馴染みの「リーヒンパウダー」 調べてみました。

1、リーヒンパウダーは、ピンク色のパウダーである。

ハワイでは、グミやドライフルーツなど、リーヒンパウダーを使ったいろいろな種類のお菓子が売られている。

マーケットでもフルーツにまぶされていたり、レストランやバーでは料理やカクテルなどにも使ったりしている。

2、ハワイではスーパーやコンビニなどで買える。

袋入りのリーヒンパウダーのほか、小袋に小分けされたもの、プラスチックのボトル入りなどいろいろな種類がある。

3、リーヒンパウダーの味は、「甘くて酸っぱい」

梅干しよりも、すももに近いフルーティーな酸っぱさと塩気、そしてリコリスの独特な甘味が混ざった複雑な味だ。

一言で表現すると「甘しょっぱい」であるが、他の甘しょっぱい食べ物とはまた違った独特な味を持っている。

「初めて食べた時は美味しいと感じなかったのに、後からやみつきになった」という人が驚くほど多い不思議な食べ物である。

Li Hing Mango 8 Oz Bag Enjoy Snacks of Hawaii [並行輸入品]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする