ブラックフライデー(主に11月第4金曜日)

「ブラックフライデー」(Black Friday)とは、正確には11月の第4木曜日にアメリカで催される「感謝祭」の翌日にあたる金曜日のことである。

アメリカ合衆国では毎年11月の第4木曜日に「感謝祭」(Thanksgiving Day)が催される。

感謝祭は祝日であり、土日に挟まれたこの金曜日も休日となり、連休になることが多い。

小売店などでは大規模な安売りが実施される。

これは感謝祭におけるプレゼントの売れ残り一掃セールが実施される日という意味でもある。

買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。

また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。

「ブラック」という呼称は、小売業者が売り上げ増によって儲かり「黒字になること」、道路や店舗が混みあって「黒山の人だかりとなること」に由来していると言われる。

日本語では「黒字の金曜日」とも訳される。 一方で「大量にモノを買わされてしまう暗黒の日」という裏の意味が含まれているという説もある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする