パトランプの色の種類は、「赤色、黄色、青色、緑色、紫色」、それぞれの意味は?

 パトランプ「回転灯」といえば、赤色と黄色をイメージしますが、他に、青色、緑色、紫色があります。

【赤色】

 赤色の回転灯は、緊急車両に取りつけられる回転灯です。

 緊急車両とは、警察車両、救急車、消防車のほか、輸血用血液製剤の運搬車両、自衛隊車両、ガス会社や電力会社など公益事業の応急作業用車両など、まさに緊急用務のために走行しなければいけない車両です。

 同時に、緊急自動車は「サイレン」の装置が備わるのも大きな特徴でしょう。

【黄色】

 黄色の回転灯は、道路の修繕や道路標示の設置など、道路維持作業用自動車に使用される回転灯です。

 道路維持作業用自動車には、高速道路で見かけるハイウェイパトロールカーのほかに、清掃車や除雪車などがあります。

 特にハイウェイパトロールカーは、主に黄色の回転灯を使用しますが、緊急車両の認可を受けた車両は赤色灯も装備しています。

 これは、交通事故などが発生した際にいち早く現場へ向かうためです。(緊急自動車ってところですね)

【青色】

 青色の回転灯は、自主防犯活動用自動車で使用される回転灯です。

 自主防犯活動を行なうことを目的とした、警察と運輸支局などの許可を受けて防犯パトロールに使用するクルマに装備されています。

【緑色】

 緑色の回転灯は、主に運搬車両で使用される回転灯です。

 幅3メートル以上の大型トレーラーなどをけん引する特殊運搬車や、その誘導車にも安全上の理由から使われています。

【紫色】

 紫色の回転灯は、車両トラブルなどでやむを得ずに停車するとき。つまり、三角停止表示板の代わりに使用する回転灯です。

 これは、一般ユーザーも使用することができる回転灯です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする