階段を下りる夢

私が階段を下りていると

下から階段を、同僚の女性が上ってきて話しかけられた。

階段の踊り場で女性と話していると、上から階段を、知り合いの女性が下りてきた。

知り合いの女性は、私たちを見て、話に入りたそうにしていたのだが、

女性どうしが面識がないので、躊躇している様子。

私は、ふたりの女性に好意を持たれているらしかった。

「夢占いで調べてみた」

階段を下りる夢

 階段を下りる夢は、これまでの行動を振り返るべき時が来たことを意味します。

 過去を振り返ることで、落ち着きを取り戻したり、思わぬアイデアが浮かんでくるでしょう。

 また、階段の雰囲気や下りている時の気持ちで解釈が異なります。 地下へ向かうような階段を恐る恐る下りていたり、階段が終わらない場合は、運気が下降しています。

 気分がマイナス方向にいきやすくなっている状態を表しています。 こんな時は落ち着いて出来ることから丁寧にやっていきましょう。

 逆に、意気揚々としっかりとした足取りで下りていたり、宮殿のような階段を下りている場合は、今、頑張っていることや問題になっていることが、良い方向へと向かっているという吉夢となります。

階段で人に会う夢

 階段で人に会う夢は気持ちがすれ違うことを暗示しています。

 すれ違う夢は、あなたの心の葛藤を表します。互いの存在を認識していても、決して通じ合うことの出来ない価値観が関係を深める上での妨げとなっているのです。表面上の関わり合いに終始することでしょう。

 また、同じ方向を見て仕事が出来ない暗示にもなります。考え方のベクトルが異なるため、協力し合うことが難しくなってしまうでしょう。他者と交わることの無い、一匹狼同志の関係性が長い間続くことになるのです。

階段で誰かとすれ違う夢

 階段で誰かとすれ違う夢には、夢の中に出てきた人が重要なキーパーソンとなることを意味しています。

 あまり話をしたことがない人でも、会話をすることによって重要な言葉を与えてくれることを暗示しています。

 しばらくあっていないというような相手であれば、積極的にコンタクトを取ることが大切です。

 自身にとっても、その人にとっても今会うべき存在であり、その人と会うことによって停滞していた運気が動き出していきますので、自ら連絡を取ることが大切です。

階段の踊り場が出てくる夢

 階段の踊り場が出てくる夢には人生のターニングポイントとなる出来事が起きることを暗示しています。

 大きな決断に迫られたり、その決断によって今後の人生の行方が大きく異なるものとなります。小さな偶然が続いたりと不思議な出来事を体感するようになったら、ターニングポイントに近づいているというサインです。

 そのサインを見落とすことがないように、いつもよりも目を光らせておくこと、決断を迫られたら直感を信じることでより良い方向へと進むことが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする