自動車で何かを「のぼった」夢を見る

私は自動車の助手席に乗っていたのだが、「ガタン」と音がして車が揺れた。

その場は、何事もなく通り過ぎ、目的地に到着してから「タイヤを確認」するも、大丈夫だった。

用事を済ました帰り道、運転者が急に車を止めた!

自動車工場の前だった。

夜なので、店は閉まっていたのだが、どうやら知り合いのお店らしく、「車をチェック」して貰っていた。

案の定、何の問題も無かった。

「夢占いで調べてみた」

車の助手席に乗る夢

 所有する車は誰の物だったでしょうか。 助手席に乗るあなたは、ハンドルを握る人に自分の運命を任せている状態と言えます。

 これは、現実世界においては自分の人生の主導権が失われていて、思いのままの快適な人生を送りづらくしていることを示唆します。 厄介なのは、あなたがそう思っていない場合や、あなたに影響を与えている人自身もそう考えてはいない場合でしょう。

 夢は、あなたに気づきを促しています。 このままでは本来あなたが自身で考えて進むはずの人生が、そうでなくなってしまう、という警告です。

 場合によっては、運転者に気をもんで助手席からあれこれ指示しているかもしれません。 いずれにしても、夢はいつも誰かによって不自由な思いをしているあなたを伺わせています。

車を修理する夢

 車を修理する夢は、現在の車が精密機械で制御されていることから、物事にアクセスするための方法に何らかの欠陥があることを暗示しています。

 自分自身の修理という意味もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする