「週4時間」だけ働く ~ ティム・フェリス

 「何がしたいのか」なんて問いはあいまい過ぎて、やるべきことや意味ある答えなんて見つけられない。 

そんな問いは忘れてしまえ。

 「目標は何か」という問いも、同様にいい加減で適当な答えしか出せない。

この問いを改めて考えるには、一歩下がってより大きな視野に立たなくちゃいけない。

 幸福の反対は何だ? 悲しみ? そうじゃない。 

愛と憎しみが表裏一体であるように、幸福と悲しみも不可分のものなんだ。

 愛の反対は無関心だ。 

そして幸福の反対は「退屈」で決まりだと思う。

 幸福の同義語は興奮だと言った方がいいかもしれない。

興奮こそ、まさに僕らが懸命に追い求めるべきものであり、万能薬なんだ。

みんなが君に、「情熱」や「幸福」を求めて生きろと言うとき、それは究極的には「興奮」という概念に行き着くんだ。

 戻るサードドア 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする