仕事で結果を出すということ ~ 桁外れの結果が出る人が心がけていること 

桁外れの結果を出す人は、人が見てないところで何をしているのか?

1、新しい会社や部署に入ったら、そこにある本と資料を全部読み込む

 会社の情報は仕事をしながら自然と頭に入ってくるが、それでは人と同じである。

 人と差をつけて、一目置かれる人になろう

2、社内のルールを覚える

 社内規約は会社のルールブック。 

 スポーツではルールを熟知することで作戦の幅が広がる。

 長いものには、巻かれよ

3、スポーツでは毎日トレーニングするのに、仕事ではしないのは何故?

 1日の時間の使い方を考える。 

 3ヶ月、1年、3年後を考えると大きく結果が変わってくる。

 時間を意識することで、仕事の効率を上げよう

4、わずかでも時間があれば足を運んで人に会う

 チャンスは人が運んでくる。 

 人との縁がなければチャンスに出会えない。

 運がいい人は、人当たりもいい

5、やり方を変えなければならないくらいに仕事をあふれさせる

 筋トレでは負荷をかけることで筋力がアップする。

 仕事も同じで「もうムリ」と思った時に一歩前進できる。

 自分を追い込むことで、レベルアップしよう

「結果を出すために心がけることは?」

 ①徹底した準備(準備の段階で結果に差が出る)

 ②努力を努力と思わない(好きなことは努力に入らない)

 ③雑用こそ真剣に取り組む(コピーを頼まれたら中身をチェックするなど)

 ④出来るだけ心を平穏に保つ(「自分は何に対して不安をかんじるか」「どうすれば不安を打ち消せるか」を考える)

 ⑤図々しく人を頼れる心の強さを持つ(遠慮しているとチャンスは逃げていってしまう)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする