どうして、上司は無能になってしまうのか

サラリーマンあるあるだと思いますが

仕事が出来る人って、出世するのだけども

出世して管理職になると、「ポンコツ」になる人いるよね

「なんでだろう」と、考えていたら、「ピーターの法則」に出会いました

妙に納得!

ピーターの法則

ピーターの法則とは、「能力主義の階層組織の中において、人は自らの能力の極限まで出世する。しかし、能力を有する人材は、昇進することで能力を無能化していく。そして、いずれ組織全体が無能な人材集団と化してしまう」という、組織構成員の労働に関する社会学の法則です。

1、能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。

 したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。

2、時が経つにつれて、人間はみな出世していく。

 無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。

 また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。

 その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。

3、その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする