彼女と彼女の兄との3人で海に行く夢を見る

彼女と海に行ったのだが、なぜか分からないが、彼女の兄が一緒に着いてきた。

しかも、自分と彼女の兄の車の2台で、自分はひとりだった。

海に着くと、荷物を海の家に預けることになった。

「夢占いで調べてみた」

恋人の家族に会う夢

 恋人の家族の評価が気になるという暗示です。もしあなたが恋人の家族と親しくできていた場合、恋人の家族に良い印象を持ったという証となります。少なくともこちらから見た好感度は悪くないことを見て取ることができます。

 一方、恋人の家族に冷たくされた場合、苦手意識の暗示となります。とは言えこの夢は、予知の要素のない、主観的な印象に過ぎません。尻込みせずに親しく接していけば、思い込みではなく本当の好評価にも近付いていけるでしょう。

海の基本的な意味

 海は生命の源ですが、夢の中でも生命や母・母性、神秘などを象徴しています。海の夢の意味を知るポイントは、夢の中の海がどのような状態だったかということです。

 海が穏やかだったなら、あなたは心身ともに穏やかだということになります。美しい海が印象的だったなら、あなたの魅力やセンスなどが磨かれることを暗示しています。逆に荒れた海の夢だったなら、あなたの心と体が荒れている暗示となります。不安、怒りといった感情がたまっているのかもしれません。

 海からキラキラとしたエネルギーを感じたなら、あなたもそのようにきらめくということですし、逆にどんよりとした海だったなら、エネルギーが低下していることを意味します。

自分が出てくる海の夢

 自分が出てくる海の夢の意味は、現状からの変化を暗示しています。 この夢における自分とは、あなた自身のことを示しています。 そのため、あなたと女性的な存在の出会いの暗示となります。

 もっとも、非常に力強い存在や変化を暗示してもいるので、不測の事態には注意した方が良いでしょう。 

 しかしながら、基本的には吉夢なので、あまり消極的にならずに、心のままに行動していくと良い結果が望めます。 きっちりタイミングまで考慮できれば、より素晴らしい出会いにつなげることができます。

場面が変わり、帰ることになり、3人で歩いていると

彼女の兄が「近道をしよう」と私を先に行かせた(なぜか田んぼの中を歩く)

突然、彼女の兄に押され、私は、うんこを踏んでしまった。

彼女の兄は、彼女を連れて逃げていった。

私は、靴についたうんこを払いながら進むと、田んぼを中を歩く子供が居た。

私は、子供の真似をして田んぼの中を歩くと、また、うんこを踏んでしまった。(子供の方を見てみると、その子供もうんこまみれになっていた。)

もう帰ろう、と思いながら、歩いていると、彼女と彼女の兄の姿が見えた。

私は、彼女に「荷物の場所を教えてもらい」確認すると、彼女の兄にパンチを喰らわして、うんこまみれの靴を棄てて、車で帰った。

「夢占いで調べてみた」

田んぼを歩く夢は結果がでるばで時間が掛かる

 田んぼを歩く夢は祈願していることを叶えるには時間がかかることを意味します。歩くという動作は走るよりゆっくりです。一歩一歩徐々に夢が叶っていくでしょう。

 特に田んぼは財産や資産を表すので徐々に給料が上がるや徐々に認められて昇進するなど直ぐに変化は起きませんが遠い未来ではあなたの祈願していることが叶うという夢です。

 あまり焦らず確実にゆっくりと目標に向かって努力して下さい。結果を早く求めすぎると失敗してしまいます。気長に努力して将来の成功を楽しみに頑張って下さい。

うんこを踏む夢

 うんこを踏む夢は、幸運や金運があなたの元に訪れることを暗示しています。 運を表すうんこをあなたが足の裏につけて持ってくる、すなわち、あなた自身が運を運んでくると考えられます。     

 あなたの身近な場所から幸運が訪れる可能性が高いでしょう。 今まで努力をしてきたことがあるなら、成果が出る時期だと言えます。

 何か叶えたい願いがあるのなら、今こそ行動する時期です。 いつもよりも積極的に動くことで、より幸運が近づいてくるでしょう。 自分を信じて幸運を掴み取りましょう。

知らない子供の夢は警告夢でもあり吉夢でもある

 あなたの知らない子供が夢に出てきた場合は「自己愛の高まり」「予測不能の出来事」「わずらわしさ」の他に「未熟」「純粋」「可愛らしさ」「無邪気」といった一般的な子供の要素が現在のあなたに見られている事を意味し、それが悪影響を及ぼしている事を意味しています。

 あなたが無意識のうちにとっている幼稚な行動に対する警告とも言えるでしょう。特に子供が泣いたり事故に遭遇する夢は警告夢である為、自分の体調や行動を振りかえりましょう。

 逆に、子供が眠っていたり遊ぶ夢は吉夢といわれ、現在の状態が好転する吉兆です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする