なぜ生きる 高森顕徹 名橋大二

はじめに

「人生に目的はあるのか、ないのか」「生きる意味は何なのか」

「万人共通の生きる目的は、苦悩の根源を破り、よくぞこの世に生まれたものぞ の生命の大歓喜を得て、永遠の幸福に生かされることである。どんなに苦しくとも、この目的果たすまでは生き抜きなさいよ」親鸞聖人

1部 なぜ生きる  苦しくとも 生きねばならぬ 理由は何か

(1)幸せはいとも簡単に崩れ去る

  • どんな行動にも目的があります。人生にも
  • 毎日が、決まった行動のくり返しときづく
  • なぜ生きるかがわかれば、ひとは苦悩すら探し求める
  • 生きることイコール良いこと。これが大原則
  • つらい思いをして病魔と闘うのは、幸福になるため

(2)人命は地球より重い。なぜそういわれる

  • 「どうせわたしなんか」自分に価値がないと感じている女子高生が、大勢いる
  • どうして人を殺してはいけないのか
  • 自殺が増えるのは、命の重さがわからないから
  • 人生の目的に渇き切った心は、泥水でもすする

(3)「辛抱して生きつづけること」 それが人生の目的なのか

  • 「なぜ生きるか」の問いに「生きるために生きる」は意味不明
  • 「生きてよかった」と大満足する「人生の目的」を

(4)「なんと生きるとは素晴らしいことか」人生の目的を達成すれば、現在の一瞬一瞬が、かの星々よりも光彩を放つ

  • 苦しみの新しい間を楽しみといい、楽しみの古くなったのを苦しみという
  • 絵を楽しんで描いていたピカソは、筆を置くと不機嫌になった
  • 「好きな道を歩いていれば目的地はいらない。歩みそのものが楽しいのだから」と言う人の、見落としているもの

(5)生きる意味を知って働け。さすれば、苦労も悲しみも報われる

  • 「仕事」が「人生の目的」なの 侘しくありませんか
  • 「考えてみるとだね、一生働きつづけてこの家の支払いを済ませ、やっと自分のものになると、誰も住む者はいないんだな」
  • 働けど働けど、決して報われない
  • 男なんていなくてもいい そんな世の中になるかも
  • 最後の救いを少女に求める中年男性もいる
  • 無益な生涯だったと気づいたり、罪の山積に驚くのは、人生で最も悲惨な瞬間だ

(6)幸福の歓喜のただ中に、思わぬ落とし穴が

  • 最愛の妻の命が終われば、すべてが終わってしまう
  • 「どうしてボクは苦しむのか」「お前が幸福だったからさ」
  • もう二度と来ない幸せを経験すると、その後の人生がずーっとつらい
  • もう、残酷な裏切りに傷つけられたくはない

(7)幸せなのは夢を追う過程

  • 「近寄れば、さほどでもなき 富士の山」 目標とはそんなもの
  • 勝ち続けたが求まらない。求めることの「くり返し」だった チャンピオンの幻滅の深い傷
  • もっと金を稼げばよかったと、死の床で後悔した者がいるだろうか
  • 「人生の目的」は「色あせること」も「薄れること」もないもの

(8)人類の、びくともしない巨大な壁

  • 死は突然にしかやって来ない。なのに、なぜ人々は、あくせく生きるのだろうか
  • 「生きることに意味(何のため)もクソもないし、生きなきゃいけない理由なんてない」それを聞いた青年や女子大生は自殺した
  • 「でもね、あなたはやがて死ぬんだよ」と魂がささやく
  • 闇の中を走っているから、何を手に入れても、安心も満足もない
  • 死を正視して苦悩の根源を知り、断ち切り、人生の目的が鮮明になる
  • 人生の目的を達成したとき、一切の苦労は報われ、流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる

2部 親鸞聖人の言葉

(1)「人類永遠のテーマ」と親鸞聖人

(2)人生の目的は、「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るくわたす大船に乗り、未来永遠の幸福に生きることである」

(3)人生を暗くする元凶は何か 正しい診断が急務

(4)診断 苦悩の根源は「無明の闇」

(5)無明の闇とは「死後どうなるか分からない心」

(6)なぜ無明の闇が苦悩の根源なのか

(7)「王舎城の悲劇」と人生の目的

(8)「まことなるかなや」人生の目的完成の宣言

(9)なぜ「人命は地球よりも重い」のか 一貫したメッセージ

(10)人生の目的は「ある」のか「ない」のかで激突

(11)「なぜ生きる」の扉を開くカギ

(12)知っているはずのサッパリわからないもの

(13)どこにいるのか 本当の私

(14)親鸞聖人ととう刀葉林地獄 機の深信

(15)「邪魔者は消せ」心底にうごめく名利の冷血獣

(16)ゾッとする巨悪の本性

(17)善いことをすると腹が立つ

(18)「地獄は一定すみか」の自己との対面

(19)「悪人」とは人間の代名詞 「悪人正機」とは

(20)「歎異鈔」の「往生娯楽の道」 法の深信

(21)先を知る智恵をもって、安心して生き抜きたい

(22)心も言葉も絶えた世界

(23)人生の目的完成すればどう変わる

(24)「歎異抄」と人生の目的

(25)人生の目的は「無碍の一道」

(26)人生の目的も「みんなちがってみんないい」のか

(27)「人生の目的」と「生きる手段」のけじめ 峻別された親鸞聖人

(28)人生の目的完成してからの親鸞聖人の生きざま

なぜ生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする