イシューからはじめよ 安宅和人

はじめに

優れた知的生産に共通すること

 悩まない、悩んでいるヒマがあれば考える

 ニューロサイエンスとマーケティングの間

序章 この本の考え方 -脱「犬の道」

常識を捨てる

 バリューのある仕事とは何か

 踏み込んではならない「犬の道」

 「圧倒的に生産性の高い人」のアプローチ

 根性に逃げるな

第1章 イシュードリブン -「解く」前に「見極める」

イシューを見極める

 相談する相手を持つ

仮説を立てる

 「スタンスをとる」ことが肝要

 何はともあれ「言葉」にする

 言葉で表現するときのポイント

よいイシューの3条件

 条件① 本質的な選択肢である

 条件② 深い仮説がある

 条件③ 答えを出せる

イシュー特定のための情報収集

 考えるための材料を入手する

 コツ① 一次情報に触れる

 コツ② 基本情報をスキャンする

 コツ③ 集め過ぎない・知り過ぎない

イシュー特定の5つのアプローチ

 通常のやり方ではイシューが見つからない場合

 アプローチ① 変数を削る

 アプローチ② 視覚化する

 アプローチ③ 最終形からたどる

 アプローチ④ 「so what?」を繰り返す

 アプローチ⑤ 極端な事例を考える

第2章 仮説ドリブン① -イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる

イシュー分析とは何か

 イシュー起点でストーリーを組み立てる

STEP1 イシューを分解する

 意味ある分解とは

 「事業コンセプト」の分解

 イシューを分解する「型」

 型がないときには「逆算」する

 イシューを分解する効用

 分解してそれぞれに仮説を立てる

STEP2 ストーリーラインを組み立てる

 事業コンセプトのストーリー

 脚本・ネームづくりと似ている

 ストーリーラインの役割

 ストーリーラインの2つの型

第3章 仮説ドリブン② -ストーリーを絵コンテにする

絵コンテとは何か

 絵コンテづくりのイメージ

STEP1 軸を整理する

 分析の本質

 定量分析の3つの型

 分析表現の多様さ

 原因と結果から軸を考える

 分析の軸を出す方法

STEP2 イメージを具体化する

 数字が入ったイメージをつくる

 意味合いを表現する

STEP3 方法を明示する

 どうやってデータを取るか

第4章 アウトプットドリブン -実際の分析を進める

アウトプットを生み出すとは

 いきなり飛び込まない

 「答えありき」ではない

トラブルをさばく

 2つのトラブル

 トラブル① ほしい数字や証明が出ない

 トラブル② 自分の知識や技では埒が明かない

軽快に答えを出す

 いくつもの手法をもつ

 回転数とスピードを重視する

第5章 メッセージドリブン -「伝えるもの」をまとめる

「本質的」「シンプル」を実現する

 一気に仕上げる

ストーリーラインを磨き込む

 3つの確認プロセス

 プロセス① 論理構造を確認する

 プロセス② 流れを磨く

 プロセス③ エレベータテストに備える

チャートを磨き込む

 優れたチャートと磨き込みのコツ

 コツ① 1チャート・1メッセージを徹底する

 コツ② タテとヨコの比較軸を磨く

 コツ③ メッセージと分析表現を揃える

  名言集 イシューからはじめよより 

  イシューからはじめよ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする