言ってはいけない 橘玲

まえがき

 最初に断っておくが、これは不愉快な本だ。だから、気分よく一日を終わりたい人は読むのをやめた方がいい。

 世界は本来、残酷で理不尽なものだ。

 ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

Ⅰ 努力は遺伝に勝てないのか

  1,遺伝にまつわる語られざるタブー

    馬鹿は遺伝なのか

    依存症・精神病は遺伝するのか 

    犯罪は遺伝するのか

  2,「頭がよくなる」とはどういうことか

    親の収入と子どもの学歴の関係は

    人種とIQについてのタブー

    差別のない平等社会をつくれないワケ

    「知能格差」の真意とは

  3,知識社会で勝ち抜く人、最貧困層に堕ちる人

    経済格差の根源は何か

    超高学歴でエリート主義のスノップたち

    強欲な1%と善良で貧しい99%

    日本社会に潜む「最貧困層」

  5,反社会的人間はどのように生まれるのか

    こころを支配するもの

    心拍数と反社会的行動の因果関係

    犯罪者になる子ども、実業家になる子ども

    「発刊しない子ども」は良心を学習できない

    「賢いサイコパス」と「愚かなサイコパス」

    少年犯罪者や異常性欲者への驚愕の治療法

    脳科学による犯罪者早期発見システム

    子どもの選別と親の免許制

    非科学的な人権侵害よりも脳科学による監視社会を

Ⅱ あまりに残酷な「美貌格差」

  6,「見た目」で人生は決まる

    写真から性格や未来がわかる

    外見から知性は推測できる

    「最初の直感」の的中率

    「面長の顔」は「幅広の顔」に殺されている

    顔立ちによる残酷すぎる損得

  7,あまりに残酷な「美貌格差」

    美人とブスでは経済格差は3600万円

    「美貌格差」最大の被害者とは

    会社の業績を上げる経営者の顔とは

    容姿による差別を生む市場原理

  8,男女平等が妨げる「女性の幸福」について

    「男と女は生まれながらにして違っている」

    男と女は別々のものを見ている

    「男らしさ」「女らしさ」の正体とは

    「母性愛」のもと、オキシトシン

    男女で違う「幸福の優先順位」

Ⅲ 子育てや教育は子どもの成長に関係ない

  11,わたしはどのように「わたし」になるのか

    双生児の奇妙な類似

    「高貴な血」と「穢れた血」

    遺伝するもの、しないもの

    「こころの遺伝」の明暗

  12,親子の語られざる真実

    「氏が半分、育ちが半分」の真偽

    言語・宗教・味覚にまつわる遺伝の真相

    子どもはなぜ親のいうことをきかないのか

 13,「遺伝子と環境」が引き起こす残酷な真実

    同じ遺伝子でも違う性格になるケース

    「選抜された22人の少年たち」の実験

    黒人少年が生き延びるたったひとつの方法

    英才教育のムダと「バカでかわいい女」

  言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする