心理学の本 ~ 「自分はできる」という自己効力感が出世を早める

自己効力感の4つの源泉

 行動を起こすには、自己効力感(自分にもできるだろうと予期する感覚)が必要になる。

 それを生み出すのは以下の4つ

①達成体験

 自分で行動し、何かを成し遂げたという達成感を持つこと

②代理経験

 周りの人が達成・成功している体験を観察し、「これなら自分にもできそう」という気持ちを持つ

③言語的説得

 「あなたならできる」と周囲から繰り返し説得される。ただし、それだけでは自己効力感は消滅してしまう

④生理的情緒的高揚

 苦手だと感じていたのに、落ち着いていられた、赤面せずに話ができたなど、苦手意識を克服する

  戻る 心理学の本 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする