心理学の本 ~ 性格をある基準で分類すると、とらえやすい

代表的な類型論

 性格類型論にはクレッチマーの体型別性格分類法、

 アメリカの心理学者ウィリアム・シェルドン(1899~1977)の発生的類型論、

 ドイツの心理学者エドゥアルド・シュプランガー(1882~1963)の価値類型論などがある。

クレッチマーの分類

 肥満型 

  躁うつ気質。外交的で親切。時には激しく怒ったり泣いたりする。

 やせ型

  分裂気質。生真面目で、社交的ではない。神経質だが、温和。

 筋肉質型

  粘着気質。几帳面で秩序を好み、物事に熱中する。

シェルドンの分類

 内胚葉(ないはいよう)型

  消化器や呼吸器系などが発達し、丸みを帯びた体型。食べることが好きで愛情欲求が高い。

 外胚葉型

  神経や表皮などが発達し、細長い体型。繊細で疲れやすい。

 中胚葉型

  骨や筋肉などが発達し、どっしりとした体型。自己主張が強く活動的。

シュプランガーの分類

 理論型

  理論好き、客観的、冷静沈着。

 経済型

  財力至上主義。

 審美型

  感覚重視で美しいものに価値を置く。

 権力型

  権力欲が強い。

 宗教型

  聖なるものを尊ぶ。

 社会型

  他と協調して社会生活を送る。

  戻る 心理学の本 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする