本みりんについて

「本みりん」は、上品な甘み・旨み・香り・テリ・ツヤなどの調理効果を有する日本の伝統的な酒類調味料である。

黄色の液体であり、約40~50%の糖分と、約14%程度のアルコール分を含有している。

鍋物や煮物、麺つゆ、蒲焼のタレや照り焼きのつや出しなどに使われる。

「みりん」の名前が付く調味料に「みりん風調味料」がある。

これは、酒税のかからない1%未満のアルコールに、みりんの風味に似せて旨み調味料や水飴などの糖分その他を加えたものである。

また、酒税のかからないもので、食塩を加えるなどした「発酵調味料」は「みりんタイプ調味料」などとも呼ばれる。

 戻る11月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする