3R とは ~ リデュース、リユース、リサイクル

リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのRから、これらの総称として3Rと呼ばれる。

①リデュース(Reduce)とは

製品を作る時に使う資源の量を少なくすることや、マイバックの使用や簡易包装により廃棄物の発生を少なくすること。

詰め替え容器の使用、耐久性の高い製品の提供と利用、製品寿命延長のためのメンテナンス体制の工夫なども取組みの一つである。

②リユース(Reuse)とは

使用済製品やその部品などを繰り返し使用すること。

フリーマーケットを利用した不用品の再利用、リユースを実現する製品の提供と利用、修理・診断技術の開発、使用済み製品の再生なども取組みの一つである。

③リサイクル(Recycle)とは

廃棄物などを原材料やエネルギー源として有効利用すること。

資源ごみの分別回収への協力、リサイクル製品の使用、リサイクルのための製品設計、使用済製品の回収、リサイクル技術・装置の開発なども取組みの一つである。

 戻る10月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする