動物学校の寓話

平均点クリアをよしとする現代教育は?

「動物学校のお話」

昔々、動物たちは、新しい世界の様々な社会問題を解決するために、

何かしなければならないと考えて、

学校を設立することにした。

科目は、『かけっこ、木登り、水泳、飛行』であった。

学校を円滑に運営するため、

すべての動物に、これら四科目の履修が義務づけられた。

アヒルは水泳の成績は優秀だった。

先生よりもうまかった。

飛行もいい成績だったが、かけっこは苦手だった。

それを補うために、放課後居残りをさせられ、

そのうえ水泳の授業時間まで削って、かけっこの練習をさせられた。

やがて、足の水かきが擦り減り、水泳も平凡な成績に落ちた。

しかし、学校は平均的な成績でいいとされていたので、

アヒル本人以外は、誰もこのことを気にかけなかった。

ウサギは、かけっこにかけては最初から優等生だったが、

水泳が苦手で居残り授業ばかりさせられているうちに、

神経衰弱を起こしてしまった。

リスは木登り上手だったが、

飛行の授業では、木の上からではなく、どうしても地上から飛べと先生に強制され、ストレスがたまる一方だった。

疲労困憊の末、肉離れを起こし、やがて木登りもC、かけっこもDにまで落ちた。

ワシは問題児で、厳しく更生する必要があった。 

木登りの授業では、いつも一番早く木の上に到着したが、

先生の指示する方法にはどうしても従おうとしなかった。

結局、学年末には、

泳ぎが得意で、かけっこもまあまあ、木登りも飛行も そこそこという少々風変わりな

ウナギが、一番高い平均点を獲得して 卒業生総代に選ばれた。

学校側が穴掘りを授業に取り入れてくれなかったことを理由に、

モグラたちは登校を拒否し、

その親たちは税金を納めることに反対した。

そして、子供を穴グマのところに修行に出すと、

後はタヌキたちと一緒に、私立学校を設立し成功を収めた

 戻る パラドックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする