寒さ(冷え)は、3種類 ~ 首を暖めよう

1、風冷え

 風が強いときの寒さ。

 風速が1m増すと、体感温度が1℃下がると言われている。

2、底冷え

 夜間晴れていると、地表の熱が奪われ気温が下がる(放射冷却)

 気温が3℃くらいの時は、足元の温度は0℃くらいになり、顔よりも足元が冷えて、寒さが増します。

3、しけ寒

 雪や雨が降り、湿度が高い時に感じる寒さ。

 気温が10℃を超えると、湿度が高いほど暑く感じるが、気温が10℃以下になると、湿度が高いほど寒く感じます。

寒さ対策

 「首」を暖めることで、体温の低下を防ぐことが出来ます。

  • 「手首」は、手袋
  • 「足首」は、靴下、ブーツ
  • 「首」は、マフラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする