サソリとカエルの寓話

一匹のサソリが川岸を歩いていました。

「向こう岸に渡れる場所」を探していたのです。

そこにカエルが現れました。 

サソリはカエルに

「俺をおぶって向こう岸まで運んでくれないか?」 

するとカエルは

「冗談だろう。お前は俺を刺すに決まっている」

サソリはこう言い返します。

「なんて理屈の通らない言い分だ! 君を刺したら俺まで死んでしまう」

カエルは納得しサソリを背負って皮を渡り始めました。

ところが川の真ん中で

「背中に鋭い痛み」を感じました。

「どうして刺した!お前も俺も死んでしまうのに」

カエルはサソリと沈みながら叫びました。 

するとサソリは

「わかってはいるけどやめられない。 それが俺の性なんだ」

 戻る パラドックス

 戻る まず、ルールを破れ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする