加湿器の種類 4つを比較してみた

加湿器を購入しようとしたら、4種類もあって驚きました。 それぞれのメリットとデメリットを比較しました。

加湿器の種類 4つのメリットとデメリット

1、加熱式

 加湿器といえばこれを思い浮かべると思います。 やかんでお湯を沸かすイメージです。

  • メリット   暖かい。 常に熱消毒をしているイメージなので、お手入れがいらない。
  • デメリット  電気代が高い。 火傷する危険がある。

2、気化式

 フィルターに含んだ水をファンで気化する。 タオルを濡らして干しておくイメージです。

  • メリット   熱くないので安全。 電気代も安い。
  • デメリット  寒い。 フィルターの手入れが必要。

3、超音波式

 水を超音波によって振動させて空気中に放出する。 霧吹きのイメージです。

  • メリット   小型で軽量。 電気代も安い。
  • デメリット  手入れが面倒。 放っておくと、菌を撒き散らすかも。

4、ハイブリッド式

 スチームファン加湿器、温風気化式など様々な機能を掛けあわせた加湿器です。

  • メリット   いろいろな機能の良いとこ取りなので、性能が高い。
  • デメリット  本体の値段が高い。 電気代も手入れも、そこそこ必要。

Yokizu 加湿器 次亜塩素酸水対応 卓上 アロマ 大容量 超音波式 しずく型

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする