心 稲盛和夫

本屋さんで気になり、立ち読みをしていたら、一気に読み終わってしまった。

(結局、購入しないで帰ってしまいました)

プロローグ

  •  人生の全ては自分の心が映し出す
  •  善なる動機を持てば、成功へと導かれる
  •  燃える闘魂もまた、「善なる動機」から生まれる
  •  もっと深い 心 は宇宙へと通じる
  •  人生の目的は心を磨き、他に尽くすこと

第1章 人生の礎を築く

  •  人生を生き抜くためのシンプルな知恵
  •  良い時も悪い時も感謝の思いで受け止める
  •  喜んで感謝すれば、悪しき「業」も消えていく
  •  事あるごとに私が口にしてきた「感謝の言葉」
  •  感謝すれば、厳しさもまた財産になる
  •  謙虚さは良い人生を歩むためのお守りになる
  •  いとも簡単に難事を成し遂げる「美しい心」の力
  •  仕事に没入すれば「宇宙の真理」に触れられる

第2章 善なる動機を持つ

  •  なぜ「紙袋の行商」だけが上手く行ったのか
  •  利他という土台の上にこそ、成功という家が建つ
  •  まず身近な人のために出来る限りのことをする
  •  利他の思いから行動すれば、自らの元に帰ってくる
  •  悪しき心を持つ人には関わらないのが最善の策
  •  もてる能力は、「善用」してこそ活かされる
  •  巨大に成り過ぎたものを滅ぼす、宇宙のもう一つの力
  •  「足るを知る」生き方は自然界が教えてくれる
  •  欲を減らし、思いやりを礎にした文明を築く
  •  天から与えられた富も才能も社会に還元する

第3章 強き心で成し遂げる

  •  その瞬間に「出来る」と思えば実現できる
  •  開発を成功させる秘訣は、「諦めない」こと
  •  ネバーギブアップの思いが結晶した宝石の事業
  •  文明の進歩を生み出したのも、凄まじい「思いの力」
  •  高い目標を実現するためには思いを一つにすること
  •  企業再生の第一歩は考え方を合わせること
  •  従業員の心が変われば、会社は劇的に変わる
  •  諦めない意思の力が会社を甦らせる
  •  未来を信じて進めば、「神の囁き」がある

第4章 正しきを貫く

  •  父と母から受け継いだ、二つの異なる気質
  •  「正しさ」を貫くことの大切さは両親から教わった
  •  逆風にさらされても、正しい道を真っ直ぐに行く
  •  正しい生き方をすればこそ、人は困難にあう
  •  不器用なほどに信じた道を歩んだ若き日の姿
  •  人間としての『正しさ」を経営の原点に置く
  •  損得ではなく、「人として」正しいかどうかで判断する
  •  正しい判断は 魂 がもたらしてくれるもの
  •  魂の真ん中にある真我から判断する
  •  真我に至れば、一瞬で全ての真理が分かる

第5章 美しき心根を育てる

  •  生まれたばかりの魂も美しいとは限らない
  •  リーダーにふさわしいかは「心根」で決まる
  •  組織のあり方を決めるのはリーダーの心
  •  人格を高めなければ、人の心は動かせない
  •  どんな時でも、心の手入れを怠らない
  •  人生を妬く心のあり方を説いた哲人
  •  心の力がもたらす不思議な現象の数々
  •  真我に近づけばありのままの真実が見えてくる
  •  「運命の師」との出会いで、人生は大きく変わる
  •  親身になって人生を導いてくれた恩師のひと言
  •  人生を支えてくれた妻という存在
  •  家族があってこそ、これまでの成功があった
  •  全ては心に始まり、心に終わる

心。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする