湾岸ミッドナイトの名言⑦

59、優しくしてもらうコトは、そんなに嬉しいコトなのか。

   わざと知らんぷりしてくれてる。

   それはないのかな。

   見たまま、そのままか。

60、とりあえずは、悪いコトか。

   とりあえずの今を認めるコトは、そんなにイヤなコトか。

   与えられた状況の中で始まる何かは無いのか。

61、自分を後ろから見る。

   話すコトで、はからずも自分の考えに改め気づく。

   教えるコトで逆に教えられるというコトか。

62、ちゃんと声に出して言ってみろ。

   主張しなければ何も始まらない。

   待つのは結局都合のいい考えだろ。

   言わなければ何も始まらないし、待ってるだけじゃ何も変わらない。

63、体調はいいのにどうしても動きの噛み合わない時がある。

   体圧だ。

   まわりの圧に対して自分の圧が低い。

   それに気づかず無理を通すと必ず魔が差す。

64、世の中のすべてに圧はある、自然にも人にも機械にも。

   嫌な奴の圧、教室の圧、そして自分の圧。

   いつも周りの圧と自分の圧とのせめぎ合い。

65、ないものをねだっていても何もならない。

   今、自分の中で出来るコト、ないものをねだってどうする。

   いつも自分の手の中を見ろ。

66、持ってないモノを数えない。

   あの時ああすればとか。

   あそこでこうならとか。

   つまり手に入らなかったモノだ。

   手に入らなかったモノは、もともと無かったモノなんだ。

   ないモノはねだっても出てこない。

   いつも「今」だ。

   数えていると、今、手の中にあるモノを見逃す。

  次へ 湾岸ミッドナイトの名言⑧ 

  戻る 湾岸ミッドナイトの名言⑥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする