湾岸ミッドナイトの名言⑧

67,人はそれぞれ大事とするコトは違う

   お前には宝物でも、オレにはゴミかもしれない

68,見方は1つでなければいけないのか?

69,秘すれば花

   モノごとを自分に都合よく決めつける

   相手を手早く分かろうとし、自分を押し付けても、相手は余計に離れて行く

70,ウェルバランス

   いびつで理屈に合ってなくても、それでバランスが取れるなら、それで正しい

71,理屈では分かるし、やってるコトもそう違わない

   ほんの少しの差

   その差がまた次の差を生む

72,いつも受け身で周りの気持ちを大事にする

   それは、ある意味ズルい奴だ

73,受け身の人は、いつも相手の行動を見て自分が動く

   ムダに動くコトは嫌いだし、失敗も嫌いだし、いつも正しく「つり合う」コトを大事にしている

74,0から起こした1なんだ

   その時、自分の1を持っている奴は強い

   人の1を見て、お前はどうするかだ

75,ないものをねだっても、何もならない

   今、自分の手で出来るコトが分かってきたんだ

76,技術があっても方向が見えない、いつも何か指標を探している

   焦点を合わせろ、自分の中に照準器を持て

77,この車は特別。そう言って比べなけりゃラクだよな

   ラクなことって、結局それ以上のモノはないしね

78,大切なのは、その先にあるモノだろ

   見えないモノは無いのか

   持ってるモノがすべてなのか

79,広く理解を求めていくと、やはり妥協が出る

   でも、「わかる奴だけ分かればいい」 その考え方もイヤだ

   アレコレと考えて出た答え

   それが、「誰に分かって欲しいのか」だったんだ

80,なんでもアリ、見方を変えれば、その自由さは息苦しさもまた生むんだ

   何をしたらいいのか分からなくなる

   自由にやれるから、なんでもやってみる

   でも、結局なにがやりたいのか自分でも分からなくなり、そこに答えは無いと気づく

81,何かを新しく教えてもらう訳じゃない

   すべては結果で判断される

   結果とは目に見える今の形だ

   それは結局、近道をしているだけだろう

   見たまま評価するのはラクだからだ

   オレは見えるモノで判断などしない

   見えないから見たい、隠れているから知りたい

   面倒くさい奴は、はぶかれる嫌われる

   でも、オレはそれでいい、近道はしない

   見えるモノは見えるモノとして

   いつも、その向こうを大事にしたい

   正当化しようとしていた、首都高を走るというその行為を、それはもういらない

82,車の運転は、いかに多くの情報を取り入れるか

   80%は目から入るという

   目に見えない20%に意味は無いのか

  戻る 湾岸ミッドナイトの名言⑦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする