コンビニ人間 村田沙耶香

36歳未婚女性、古倉恵子

大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。

日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、

清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ」の掛け声が、

毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、

そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられる

「普通」とは何か?

感想

世の中のルールに従って生きると「行きやすい」が、その分、反感が生まれる。

行きやすいのではなく、世の中のルールに従わないと、「普通じゃない」と言われ、世の中から排除されてしまう。

人は、自分と価値観が違う人を敵とみなす。 普通じゃないと敵になってしまうのだ。

相手は、「自分らしく」を求めているだけなのだけれども

  コンビニ人間 (文春文庫)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする