道をひらくより

 雨がふれば、人はなにげなく、傘をひらく。この、自然な心の動きに、その素直さに、私たちは日ごろ、あまり気づいてはいない。だが、この素直な心、自然な心のなかにこそ、物事のありのままの姿、真実をつかむ、偉大な力があることを、学びたい。何ものにもとらわれない、伸びやかな心で、この世の姿と、自分の仕事をかえりみるとき、人間としてなすべきこと、国としてとるべき道が、そこに、おのずから明らかになるであろう。

 この日本の国に、活力にみちた青春をもたらさねばならない。勤労者も、学生も、経営者も、家庭の主婦も、あらゆる職業の、あらゆる人びとが、自分の殻をぬぎすてて、みずみずしい光のなかへ躍り出よう。日本人すべての、平和と幸福と繁栄の道を、躍動する心で、今こそ真剣に考えるのだ。

 きのうからきょうへ、きょうから明日へ、私たちは、日々、新たな世界に生きている。真の自由を求める、いきいきとしたこころは、同じ毎日、同じ考えに、人間をとどめはしない。この一瞬の新たな発見、きょう一日の着実な成長が、そこに、かならず刻まれていくのだ。水のように、流れてやまぬこころと、ふかく、沁みとおる力をもってすれば、明日の日本の繁栄と平和、明日の自分の幸福が、おのずから、秩序ある姿で実現されるにちがいない。

 おたがいに、はたして真の大人だろうか。自分自身を過大視せず、いやしめることなく、みずからのことは、みずからの力で処する。きびしいひとり立ちの心がまえを、身にしみて、真剣に考えているだろうか。大人としての、ふかい責任感と気力をもって、今こそ、この国日本の、正しく生きる姿と、ながい歴史に培われた、その誇りとを確かめたい、世界の繁栄と平和と幸福を、ともに築くために。

 ながい一生のうちに、人はいくたびか、自分の将来を左右する岐路に、血のにじむ思いで、立たねばならない。ながい歴史のうちに、国もまた、いくたびか、みずからの行くすえを鋭く見きわめるべき、意義深い時期に、みまわれる。緑ゆたかな国土、香り高い伝統と歴史、そこに培われた、民族のすぐれた素質。この日本の未来を、いま静かに、見きわめたい。

 ただ一人だけの、小さな幸せに満足することなく、おたがいに、この国日本を満たす、大きな夢と、確固とした志を、もたねばならない。長い伝統に培われた、日本人本来の高い精神と、私たちが今日までたくわえてきた自立力とを、いまこそ、新たな時代にふさわしい、新たな姿で、政治や経済、教育や文化に、正しくよみがえらせたい。日本を、いきいきとした民主主義の国にするために、この世界に、より大きな幸せをもたらすために。

 おたがい、自分ただ一人の立場にこだわることなく、二十年後、三十年後の日本に大きく目をひらこう。人と人、団体と団体が、ともにその独自性を生かしつつ、のびのびと活動できる秩序正しい自由の中にこそ、人間と社会の、限りない生成発展が約束されるのだ。補うべきは補い、助けるべきは助け合って、日本と世界を思う高い立場で、自由闊達の道を歩もう。

 平和に、幸せに暮らすための、大切な約束なのだ。法律やルールを、おたがいに、きびしく守ろう。なすべきこと、なすべきでないことの区別を、大人も、子供も、ひとしく心に刻みつけてこそ、この国の政治も、経済も、文化も、教育も、民主主義の国にふさわしい、能率的な、いきいきとした、発展の道を歩むことができよう。

 あなたはいま、何をもとめて日々努力し、日本はいま、何をめざして進んでいるのだろうか。ともに育ち、ともに暮らしているこの国を愛し、日本人自身のすぐれた素質を大切に思うならば、政治家も経営者も、勤労者も家庭の主婦も、おたがい、他にのみ依存する容易な心をすてて、みずからが果たすべき責任にきびしく取り組もう。この国日本の、百年の計をあやまらないために。

 それは夢にすぎないだろうか。ただ、おたがい、おなじ国に生きる人間として、素直に心と心を寄せあい、手と手を握りあって、この国日本の、繁栄と平和と幸福とを、ひとすじに探し求めることができないだろうか。真剣になれば、意見の対立もおきるに違いない。だが、私たち日本人としての願いが一つなら、かならず、そこに高い調和と力が生まれよう。それは、決して夢ではないはずだ。

 私たちは、おたがい日本の国民であり、この国の進むべき道を、みずから選び、決定する主権者自身であることを忘れずにいたい。日本はもちろん、世界の繁栄のために必要なこと、私たち国民の、平和と幸福について大切なことを、ひとつひとつ丹念に、正しく見きわめてゆこう。この国日本を、働きがいのある、そして能率的な、真の民主主義の国にするために。

  戻る道をひらく 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする