バックギャモン(ボードゲーム)

バックギャモンは基本的に2人で遊ぶボードゲームの一種で、盤上に配置された双方15個の駒をどちらが先に全てゴールさせることができるかを競う。

世界最古のボードゲームとされるテーブルズ(英語版)の一種である。

バックギャモンの遊び方

1,交互にサイコロを振って駒を進めます。自分の駒(15個)をすべて陣地に入れていきます。

2,相手の駒が2個以上ある地点(ポイント)には進めません。

  しかし、相手の駒が1個ならはじき出して(ヒット)、そこに自分の駒を進めることができます。

3,自分の駒がヒットされることもあります。

  その場合は、ふりだしから数えたポイントに戻されます。

4,自分の駒がすべて陣地に入った状態になれば、駒をゴールしていけます。

バックギャモンのルール

バックギャモンのプレイヤーは二人です。

どちらの色の駒を使うのかは、合意で決めておきます。

交互にサイコロ(2つ)を振って駒を進め、先にすべての駒をゴールさせた方が勝ちです。

サイコロは常にボード内に振り出します。(振り出したサイコロがボードから飛び出したり、駒の上に乗ったら振り直し。)

ゲーム開始

・バックギャモンの駒の並べ方は下図の通りです。

駒の動かし方

・自分の手番でサイコロ2つを振って、出た目の数にしたがって駒を進めます。

 途中のポイントの相手の駒は無視します。

 ※「ポイント」とはボードの▼▲マークのこと。

 サイコロの目が2-3の場合、同じ駒を続けて3→2と動かすこともできる。

・相手の駒が2個以上あるポイントには進めません。

 左側の駒の場合、1の目は相手の駒(黒4個)があるため進めることができない(5の目なら進められる)。

 右上の駒の場合、5の目は相手の駒(黒5個)があるため進めることができない(1の目なら進められる)。

・ぞろ目はダブルチャンス!出た目の倍の数を動かせます。

 例えば3-3のゾロ目の場合は、3・3・3・3と動かすことができる。

ヒット(はじき出し)

・駒を進めたポイントに相手の駒が1個の場合は、相手の駒をはじき出してそこに自分の駒を置くことができます。

 ※はじき出すことを「ヒット」と言います。

・ヒットされた駒はただちに真ん中のバーの上に置きます。

 ※「バー」とはボードの真ん中の仕切り部分のことです。

・サイコロの目にしたがって「ふりだし」から数えたポイントに戻します。

 ただし、相手の駒が2個以上あるポイントには戻せません。

 バーの駒(白)を、サイコロの目にしたがって「ふりだし」から数えたポイントに戻す。

 2の目は相手の駒があるため戻せない。5の目を使って戻すことができる。

・駒を戻したくても、相手の駒があるせいで全く戻せないこともあります。

 その時点で、自分の手番を見送ることになります。

 3の目、6の目ともに相手の駒があるため戻すことができない。

 この時点で自分の手番は終わりとなる。

ゴール

・すべての自分の駒(15個)が陣地に入った状態になったらゴールしていけます。

・サイコロの目にしたがって、駒を陣地からゴールに入れていきます。

 自分の駒がすべて陣地に入った状態になれば、ゴールしていける。

  京すごろく バックギャモンボード (グリーン, M)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする