道をひらく 松下幸之助

まえがき

 本書は、PHP研究所の機関誌「PHP」の裏表紙に、これまで連載してきら短文の中から、百二十一篇を選んでまとめたものである。

1,運命を切りひらくために

  • 道 
  • 素直に生きる 
  • 志を立てよう 
  • 手さぐりの人生 
  • 自然とともに 
  • さまざま 
  • 真剣勝負 
  • 若葉の峠 
  • 是非善悪以前 
  • 病を味わう 
  • 生と死

2,日々を新鮮な心で迎えるために

  • 日々是新 
  • 視野を広く 
  • 心の鏡 
  • 人事をつくして 
  • 雨が降れば 
  • 日に三転す 
  • なぜ 
  • 花のように 
  • 本領を生かす 
  • くふうする生活

3,ともによりよく生きるために

  • 縁あって 
  • あいさつをかわす 
  • サービスする心 
  • 長所と短所 
  • 辛抱する心 
  • 生かし合う 
  • 責任を知る 
  • 真剣に叱られる 
  • 人間だけが 
  • 世間知らず 
  • 心を通わす

4,みずから決断を下すときに

  • 断を下す 
  • 命を下す 
  • 風が吹けば 
  • 判断と実行と 
  • 眼前の小利 
  • 善かれと思って 
  • 止めを刺す 
  • カンを動かす 
  • 世の宝 
  • 自問自答 
  • 根気よく 
  • 思い悩む

5,困難にぶつかったときに

  • 心配またよし 
  • 時を待つ心 
  • 岐路に立ちつつ 
  • 困っても困らない 
  • 世間というもの 
  • 仕事というものは 
  • 忍耐の徳

6,自信を失ったときに

  • 転んでも 
  • 失敗か成功か 
  • 紙一重 
  • 絶対の確信 
  • 心を定めて 
  • 懸命な思い 
  • 窮屈はいけない 
  • ものの道理 
  • 一人の知恵 
  • 一陽来復

7,仕事をより向上させるために

  • 自分の仕事 
  • 働き方のくふう 
  • しかも早く 
  • けじめが大事 
  • 旗を見る 
  • つきまとう 
  • 引きつける 
  • 力をつくして 
  • おろそかにしない 
  • プロの自覚

8,事業をよりよく伸ばすために

  • 見方を変える 
  • 商売の尊さ 
  • 大事なこと 
  • ファンがある 
  • 手を合わす 
  • 何でもないこと 
  • 敵に教えられる 
  • あぶない話 
  • 熱意をもって 
  • ノレンわけ 
  • 同じ金でも 
  • 追求する

9,自主独立の信念をもつために

  • 自得する 
  • 虫のいいこと 
  • 恵まれている 
  • こわさを知る 
  • あぐらをかく 
  • 乱を忘れず 
  • 後生大事 
  • 己を知る 
  • 身にしみる 
  • 正常心 
  • わが身につながる 
  • 教えなければ 
  • 学ぶ心 
  • もっとも平凡な 
  • 敬う心 
  • 身につまされる

10,生きがいある人生のために

  • 真実を知る 
  • 芋を洗う 
  • 年の瀬 
  • 自分の非 
  • 勤勉の徳 
  • 知恵の幅 
  • まねる 
  • 心を高める 
  • 経験の上に 
  • わけ入れば 

11,国の道をひらくために

  • 国の道 
  • 覚悟はよいか 
  • 信念のもとに 
  • わが事の思いで 
  • 平和と闘争 
  • 談笑のうちに 
  • ピンとくる 
  • 政治という仕事 
  • 求めずして 
  • 大衆への奉仕 
  • ダムの心得 
  • 日本よい国

 名言集道をひらくより 

道をひらく + 続・道をひらく 2冊セット          

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする