サバを読むの語源は

サバを読むとは、都合のいいように、数や年齢をごまかすこと。

サバを読むの語源は、魚の鯖(サバ)

市場などの取引の際、魚の鯖は傷みやすく、数も多かったため早口で数えられ、実際の数と合わないことから、

いい加減に数を数えることを、「サバを読む」と言うようになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする