他人を支配する黒すぎる心理術 マルコ社

はじめに(誤解がないように)

「人を操る」ことができれば良好な人間関係を築く事が出来る

本書で説明する「支配する」「操る」という行為は、強度のマインドコントロールや悪意のある催眠術のような、「人を だます」という行為では決してありません。

もくじ

第1章 あの人物も心理術を使っていた! 黒すぎる心理術の系譜

第2章 相手の「表情」「しぐさ」からホンネを透視する方法

第3章 人を操るその前に、行動に影響を与える8つの心の法則とは

 1、「利得最大の原理」  人は自分の「得」になる行動を選択する

 2、「公平性原理」  人間社会には「公平さ」が必要不可欠

 3、「返報性の原理」  人間は自分ひとりが得をしすぎると不快に思う

 4、「一貫性の原理」  人間は一度決めたことは、損をしてもやり続ける

 5、「類似性の原理」  人は自分に似た相手に好意を持つ

 6、「社会的証明の原理」  多くの人がやっていることが、正しいと思えてくる

 7、「権威の原理」  人は権威のある人に強い影響を受ける

 8、「希少性の原理」  手に入りづらいものほど、手に入れたくなるという心理

第4章 他人を支配する黒すぎる心理術

第5章 他人に「操られない」ための心構えとは?

  名言集 他人を支配する黒すぎる心理術より 

他人を支配する黒すぎる心理術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする