コンサルタント について調べてみた

1、「コンサルタント」とは、企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をすることです。

①経営コンサルティングは、コンサルティングが商品

 クライアントの課題を明らかにする。

 課題を解決するための方法を考える。 あるいは手伝いをするコンサルティング

②コンサルティング営業は、商品を売るための付随サービス

 自社で扱っている商品ないし、サービスを買ってもらうためのコンサルティング

2、「コンサルタントの仕事内容」

 社内からプロジェクトテーマに適切な人材を集め、チームを編成する。

  • チーム編成は、ファームによって異なる
  • 自分の希望や、専門性からアサインされる。

 個々のスタンドプレーではなく、それぞれの役割を担うことにより、チームでクライアントのプロジェクト成功を導く。

3、「コンサルタントになるには」

 採用状況は「ポテンシャル採用」

 自らの経営経験を売るわけではないので、ポテンシャルが重視される。

「言葉の説明」

  • ファームは  会社、企業、事務所
  • アサインは  割り当てる、割り振る
  • ポテンシャルは  潜在的な、電荷、仮想、可能性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする