超一流の雑談力「超・実践編」より

1,話が遅い人、話が早い人とで、言葉のスピード、反応速度を変え、相手のうなずきや表情から「集中度」を探ろう。

2,話をやたらと盛らず、何に比重えお置いて盛るのか決め、相手の想像力を刺激するような具体的は表現がいい。

  自分の努力や苦労は、盛るべきではない。

3,「ちょっとした自虐」や、「そこから学んだこと」で、話にオチをつける。

  定番のエピソードにオチをつけるトレーニングがおすすめ。

4,相手に関連する話をするときはボリュームを大きめで、

  自分の主張をするときは50~60%のボリュームにすると注意を引きつけることができる。

5,相手がふと口に出した固有名詞などを覚えておき、それを不意に出そう。

  相手が好きそうなキーワードを読み、出来れば先回りして出せるといい。

6,相手のグチや不満に同調はしない、自分も一緒になって批判しない。

  「まずは相手に寄り添い、話を聞いてみる」。ただし、「深入りは厳禁」

7,断りたいときは、「本当はそうしたいのは山々」だという気持ちを表情で演出する。

  嘘でもいいので、「できない理由」を伝える。

  断る代わりに代替案を出す。

8,最初の一言は、「共感」と「提案」をセットにする。

  「共感」とは、相手の状況や気持ちを察し、共有する一言。

  「提案」とは、自分が行う具体的なアクションを提示すること。

  この2つがセットで初めて「心配り」となる。

9,「基本の型」を徹底したうえで、さらに接し方を変える   サイト;searchme https://searchme.jp/

 CP、話がうまい、リーダーシップを発揮する、「ボス」タイプ

  ハッキリした受け答え、メリットを感じる話しが好き。

  会話のテンポが遅い、結論が見えない話しが嫌い。

 NP、聞き上手、やさしい話し方の、「おっとり」タイプ

  人間性を褒められる、丁寧な言い回しが好き。

  結論を急かされる、強引さが嫌い。

 A、冷静、論理的な、「理系」タイプ

  論理的、合理的な会話、データや数字が好き。

  ノリや勢い、大ざっぱな説明が嫌い。

 FC、おしゃれ、話し上手な、「盛り上げ」タイプ

  明るさ、ユーモアが好き。

  ノリが悪い、反応が少ないのが嫌い。

 AC、おとなしく、意見を言わない、「おとなしい」タイプ

  やさしい言葉づかい、存在を認めてあげるのが好き。

  批判される、決断を迫られるのが嫌い。

  戻る超一流の雑談力 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする