スタンフォードのストレスを力に変える教科書より

1,ストレスとは、自分にとって大切なものが脅かされたときに生じるものである。

2,その人がどう思っているかによって、どちらの効果が表れるかが決まる。

3,あなたがストレスにうまく対処できるように、体と脳が助けてくれているしるし。

4,価値観には、自分が大切に思っているものが反映されている。

5,「ストレスに強くなる」というのは、ストレスを避けることではなく、ストレスを経験するなかで自分自身を積極的に変えていくことなのです。

6,「脅威」が「チャレンジ」に変わると、プレッシャーのなかでも実力をフルに発揮することができます。

7,小さな行為によって、自分の体を勇気の出る状態にできる。

8,ストーリーの持つレジリエンスは、人びとに感染するのです。

9,ストレスは害になるが、ならない場合もある。

   戻るストレスを力に変える教科書 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする