ひとりバスケットボール ~ 基礎練習 3選

バスケットボールって、ひとりで出来るものなのか

基礎練習くらいは出来るよね。

離れて暮らす中学生の子供がバスケ部に入ったらしいので、バスケットボールを購入した。

バスケットボールをやるのは、学生以来だが、 とりあえず、バスケットゴールがある公園を検索。 さっそく、子供を誘ってやってみた。

「バスケの基礎練習」

①ボールハンドリング  

  • 腰、頭、脚(8の字)にボールをまわす。 
  • ボールをつまみ上げる。
  • 前後でボールをキャッチする。
  • 両足の間でボールを持ちかえる。 
  • 前からボールを投げ上げて後ろでキャッチ。
  • ボールを指でまわす(手でまわす)。

②ドリブル 

  • 右手(片手)、
  • 指先でコントロールする、
  • 高さを変える。 
  • 8の字にドリブルする、
  • 前後に足を開いてボールをつく。 
  • フロントチェンジ、
  • インサイドアウト、
  • バックロール、
  • レッグスルー、
  • バックビハインド。

③シュート  

  • バランスの取れたスタンス、
  • ボールの握り方、
  • 身体のバランス。 
  • セットシュート、
  • ジャンプシュート、
  • レイアップシュート、
  • アップシュート、
  • バックシュート。

突然ですが、やぎさんのお悩み、くるりが解決します!

まず、家にある漫画「スラムダンク」を読むことから始めよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする