自問自答をしてみた ~ 人に伝えるのは難しい

「自己啓発の本を読むと、自分がダメな人間だと感じてしまう」という、Twitterの呟きを見た。

思わず、反応していた。

「人間は、ダメな人しか居ません」

「でも、自分がダメだと感じたことからは、逃げてはいけない」と、返信をした。

しかしながら、

「完璧な人を求める風潮があるけど、完璧な人など居ない」と伝えたかった。とのことだった。

確かに、「完璧な人を求める風潮がある」ことや、「ダメな所もあってもいい」ことが、書き込みされていた。

それは、解かっているです。

私としては、「完璧な人も、妥協できないダメな人です」と、返信していたので、

「完璧な人など居ない」と、書いたつもりだったのだが。 伝わらなかったみたいだ。

人に伝えるのは難しい  

本当のところは、批判的な言葉が思いついていた。

  • 完璧な人などいないから、完璧な人を求めるんだよ
  • 自分がダメな人間だと感じているみたいだけど、ダメってどういうことですか?
  • 他人と自分を比較しているだけでしょう。
  • そして、自分より劣っている人と比較して、ダメな人もいるから、「ダメな自分でもいい」なんて考えてるのかな。

それは、ダメな考えだ

それなら、「完璧じゃなきゃダメだ」 の方がいい

もっといいのは、「どうして完璧じゃなくてはダメなのか」を考えることが大事だ。

そもそも、何かを伝えなくてはいけないのか

考え方は、人それぞれ、

「ダメな人間だ」と感じたなら、それでいいじゃないか

他人は他人、自分は自分

私は、自己啓発の本を読むと、「これは、やってみよう」、「これは、賛同できないな」などと考える。

でも、気づいたことがある、

自分の価値観を他人に押し付けるのはヤメよう。

 次 自問自答⑲ 自分で決めたことなのに

 戻る自問自答⑰ 同じ選択でも雲泥の差 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする