すこし前に話題になった?「人面魚」って何処にいるのかな

 山形県鶴岡市の善宝寺。

 本道の裏手の山に囲まれた貝喰の池(かいばみのいけ)には、

 人間の顔の模様をしたコイ、人面魚がすむ。

貝喰の池(かいばみのいけ)

   ~ 竜の化身が棲むとされる伝説の池

 貝喰の池には古来より龍神の伝説があり、隣接する善寳寺に祀られている。

 開基である妙達上人がこの地に庵を結び、日々法華経を唱えているうちに、

 近隣の者が大勢集まってそれに聞き入った。

 その中に人目を引く美しい男女の姿があった。

 ある時、読経が終わってもその男女が席を立たなかったので、上人が声を掛けると、

 二人は自らの正体を明かした。

 二人は貝喰池に天下った竜王・竜女であり、

 上人の読経を聞き仏法のありがたさを知ることが出来たと言う。

 そこで上人が竜王に竜道、竜女に戒道の名を与えると、

 二人は風水の災厄から信者を守ることを約束し、

 龍の姿となって昇天したのである。

 その後、上人の庵は龍華寺と名付けられ、善寳寺となったのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする