思い通りに伝わるアウトプット術より

完璧主義から抜け出し、PCDAをためらいなく回す

全体を俯瞰し、「最適なアウトプット」を試行錯誤する

届けたい内容があるからこそ、伝える印象も大切に

良いアウトプットは、良いフィードバックがあってこそ

失敗しても、アウトプットのPCDAは止めない

プレーンな印象を保ち、話の内容に注目させる

ブレない軸を持ちながら、臨機応変に対応する

ひたすら短くするより、内容のメリハリを大切に

一見無駄な「枝葉の部分」に魅力は隠れている

自信のあるテーマほど、慎重にかみ砕いて

大勢の前では「できることをやればいい」精神で

センシティブな話題は冷静に対処せよ

アメリカ人の「チャレンジ精神」は見習うべし

ビジネス文書は「型」を知って、とにかく書いてみる!

「カラフルな文書」で周囲と差をつける

なるべくメールは簡潔に、終わりに少し彩りを添えて

自らを追い込み、最適なインプットに絞る

深く掘り下げたいなら「読書」が一番

「知識の森」でインプットを深める

仮説を立てると、自分の軸が生まれる

聞き方は、あなたの印象と相手の発言に影響大

相手を観察していれば、最適な返しは見えてくる

聞き方も極めれば、場の空気を変えられる

  戻る 思い通りに伝わるアウトプット術 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする